« 瀬戸内高校が作陽との熱戦を制し中国王者に | トップページ | U-18フットサルの進化 »

間抜けの構造

2013/02/16(土)

たけしの「間抜けの構造」をプレゼントしてもらいました。

「間」といえば、サッカーやフットサルでも大切、、と思っていたら、ちゃんとサッカーの間のことも触れられていました。ここには書かれてなかったけど、たとえばカズなどのボールをまたぐプレーはまさに「間」をつくるプレーですね。

漫才や映画での「間」については本職だけにいろいろな具体例(というかネタ)を交えてしっかり書かれているのはもちろんですが、ぼくがなるほど、と思わされたのは人生の「間」でした。

 
“間”によって思わぬ転機が生まれて、次々と新しいことにチャレンジできたわけだから。人生というのは本当に何が起こるかわからない。

ぼく自身も浪人や震災や手術のときにそんなことを感じたけども、今の自分もある意味「間」に生きているんやな、と考えさせられました。

一緒にプレゼントしてもらったブックカバーはにじゆらのてぬぐいブックカバー。

これは神戸限定デザインとのことですが、ちょっと(いい意味で)間抜けで気に入りました。

Dsc_0002


固定リンク | 社長の日記 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222697/56777046

この記事へのトラックバック一覧です: 間抜けの構造:

コメント

コメントを書く