« sankeiSAL vol.31本日発行です。 | トップページ | 先輩の息子 »

1月17日に考えたこと

2013/01/18(金)

昨日は震災から18年ということで、ウェブ、テレビ、新聞、そして身近な会話のなかで震災の話題が取り上げられていました。自宅周辺でも鎮魂の催しが行われていました。

あの記憶を伝えていかなければならない、風化させてはならない、ということが言われますが、ぼくにとっては、思い出されるのは、多くの人たちに助けてもらったこと、そして互いに助け合ったこと。

国や政府や行政が云々と言うまでもなく、そこでは個人の意志で、個人の力で状況を打開していく姿がありました。

昨日1日、頭の片隅で、何を残していくのか、と考えてみて、その結論は

過酷な環境のなかで、個人の意志で助け合うことができた、日本人としての誇り

ではないかと思っています。

ぼくにとっては、伯父を亡くし、家が全壊となったつらい思い出ではあるけども、それと同時にかけがえのない、ありがたい経験でもあったのでした。

固定リンク | 社長の日記 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222697/56569029

この記事へのトラックバック一覧です: 1月17日に考えたこと:

コメント

コメントを書く