« もうひとつのワールドカップ | トップページ | アジアで2連覇 »

ソーシャルメディア

2011/10/14(金)

ぼく自身はこうしてブログを書いて、Facebookに近況をアップして、(最近はさぼってるけど)ツイッターもやっていますが、最近、立て続けに

 自分の生活をさらすことが理解できない

 直接顔を合わせることが大切でしょ

 電車のなかでも仕事中もひどいのは会議中もやってる

 歩きながらやってるのはあぶない

というような話を聞く機会がありました。ぼくに年齢の近い人たちの意見で、どちらかといえばアナログな人たちの意見ですが、確かにそうやな~と思うことも多いです。こうしたコミュニケーションを伴うソーシャルメディアの中毒性については問題もあるだろうし、嫌悪感を感じる人も確かにいるだろうということもうなずけます。

そんな感じ方をしている人の多くは、ソーシャルメディアが従来のリアルなコミュニケーションの代替になっている、という捉え方をしているようです。もちろん代替になっていることもあるでしょうが、どちらかといえば、これまでコミュニケーションがなかったところに新しい関係が生まれていることの方が多いのではないか、というのがぼくの感じ方です。

そりゃ直接会えればそれがベターな場合は多いだろうけども、会えなかったはずの人とどんな形であれ接点ができるのはそれはそれでいいじゃないか、ということです。長年会っていない人の近況を知ることなんて、必要ではないかもしれないけども、少しいいものです。

そこを努力して会うことの大切さ、というのは何にも増して貴重であることは言うまでもなく、こんな時代だからこそその重要性は高まっているようにも感じます。

固定リンク | 社長の日記 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222697/52995922

この記事へのトラックバック一覧です: ソーシャルメディア:

コメント

コメントを書く