« 初心者向けフットサル交流戦 | トップページ | いよいよ今夜は決勝! »

神戸一中

2011/01/28(金)

昨日はサロン2002の月例会に参加。

賀川さん

「戦前のサッカー育成 ~神戸一中を中心に」

というテーマで話をしてくれました。

ちょうど滝二が優勝したのでタイムリーなテーマでしたが、

 体格、体力で劣る相手に敏捷さで対抗するためにショートパスをつないで戦った

という神戸一中の戦術は、アジアカップを戦っている日本代表にもつながるもので、

歴史上の事実のなかに、いまも変わらない普遍性が見られることは
何より興味深いと感じました。

賀川さんが在籍中の監督であった河本春夫さんはその後
ユーハイムを創業するのですが、そのご子息で現ユーハイム社長の
河本武さんが

父の最大の功績のひとつは神戸一中の部史をまとめたこと

という話をされていました。それに加え、

OBを含む神中クラブを組織し、現在では一般的に見られるようになった
「クラブ」という概念を生み出したことにも驚かされます。

いろいろな要素が重なり、さらに天の時を得た、
奇跡的な出来事だったのだと、改めて思い知らされました。


固定リンク | 社長の日記 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222697/50708441

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸一中:

コメント

コメントを書く