« 21世紀の最高でした | トップページ | 得点できないのには理由がある »

エルサレム

2009/02/17(火)

今日もスポーツの話でなくて恐縮なのですが、、村上春樹(もう還暦!)のエルサレム賞受賞式での講演の要旨がiZaに掲載されています。

受賞がガザ攻撃などのイスラエルの政策を擁護するとして、日本国内のNGOなどから受賞辞退を求める声もあったらしいですが、

受賞に来ることで、圧倒的な軍事力を使う政策を支持する印象を与えかねないと思ったが、欠席して何も言わないより話ことを選んだ

として、壁にぶつかって壊れる卵という比喩を使って、壁=制度と、卵=非武装の民間人について述べています。感動的なメッセージなので、ぜひ皆さんも読んでみてください。

村上春樹さんの講演要旨

こうして発言することで、制度への批判を行った村上春樹さんに拍手を送りたいと思います。

そして、趣旨とは少しずれるのだけど、自分も卵であるぼく自身が、会社という仕組みのなかでは、経営者として壁になることの可能性も考えずにはいられませんでした。

 

話はかわりますがエルサレムつながりで、、、コールドプレイのViva La Vidaの歌詞のサビの部分で、

エルサレムの鐘の音を聞け

というのがあります。最近、それがテレビの競馬中継で使われていて、ちょっと違和感を感じていたりします。

固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222697/44093024

この記事へのトラックバック一覧です: エルサレム:

コメント

コメントを書く