« 神戸での関西ダービー | トップページ | 社会人フットサルリーグ »

まるでデジャブ

2008/08/07(木)

北京五輪・男子サッカーの初戦、アメリカ戦を賀川さんとテレビ観戦しました。

 ゲームは日本が支配

 サイドからの攻撃が機能

 あとはシュートの精度だけ

ということになるのでしょうが、この評価も含めて、何度も見た試合を繰り返し見せられているかのようような、ゲームでした。

賀川さんとの会話も、

 キープして、パス回すのはええけど、どこで誰がゴールを決めるんや。

と、いつもながらの話になってしまいました。

大久保義人が選ばれていれば、結果は違ったのか?

2トップの方がよかったか?

賀川さんは「アマチュア時代には日本にも、世界に通用するストライカーが3人いた」という話を、最近よくしていますが、これからの試合で、北京で4人目が育った、という結果を期待したいと思います。

固定リンク | スポーツ | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222697/42098696

この記事へのトラックバック一覧です: まるでデジャブ:

コメント

コメントを書く