« 取材で花月に | トップページ | フットサルの聖地 »

長沼健さんのこと

2008/06/04(水)

長沼健元日本サッカー協会会長がお亡くなりになりました。

賀川さんから「ケンさんの調子がよくないらしい」と聞かされていたのですが、W杯予選のTVで知った突然の訃報に愕然としました。

直接に何度かお会いしたことがあるのですが、その印象は、

気遣いの行き届いた人

初対面は、「サッカー日本代表世界への挑戦―1936‐2002」出版記念会でしたが、初対面のぼくに対してもしっかりと対応していただきました。(もちろん賀川さんの紹介だから、ということはあるにせよ)

私がプロデュースさせていただいた「日独サッカー交流展」のレセプション会場では、取材に対して、長沼さん自らが関係者を集めて写真用にポーズをとらせる姿が印象的でした。サッカーが注目されない時代から身を粉にしてサッカーに尽くした長沼さんにとっては、そうしてマスコミにアピールすることは、自然なことだったのかもしれません。

訃報に対しての岡田さんのコメントのなかで、98年W杯予選の突然の監督就任の際に、「長沼さんが盾になるようにして処理してくれた」という言葉は、ビジネスマンとして身にしみる言葉でした。

ご冥福を。

固定リンク | 社長の日記 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222697/41689851

この記事へのトラックバック一覧です: 長沼健さんのこと:

コメント

コメントを書く