« 4月 | トップページ | 申相玉監督の思い出 »

タイガー・ウッズ

2006/04/10(月)

今朝のマスターズは、フィル・ミケルソンが2度目の優勝。

早朝から起きて、タイガー・ウッズを応援していました。
正確に言うと、応援というよりは、
タイガーが優勝するという、歴史的な瞬間、
あるいは、そのなかで演じられるドラマ、名場面を見たい、
ということかもしれません。

タイガーは過去に4度、マスターズを制していて、
そのうちの3回では終了後に父親のアールさんと抱き合う姿が見られました。
しかし、昨年の優勝時にはそのアールさんがガンで闘病中のため、
表彰式でのコメントで、「この勝利を父に捧げたい」と
涙をこぼした姿が印象的でした。

今年は、時折タイガーならでは、というすばらしいショットを見せながらも
調子に乗りきれず、結局3位。

まだ31歳なので、これからも当分はタイガーの演じる歴史に残る
シーンを楽しめそうです。

ぼく自身は30歳を過ぎてからゴルフを始めましたが、
タイガーのイメージを持ってプレーしていると、もともと悪い腰が
さらに悪化しそう。
タイガーは見るだけにしておいた方がいいようです。

固定リンク | 社長の日記 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222697/41689397

この記事へのトラックバック一覧です: タイガー・ウッズ:

コメント

コメントを書く