FUTSAL KOBE FESTA ユースフットサル選抜トーナメント

2023/03/20(月)

10年前に立ち上げた大会をルーツにもつ「FUTSAL KOBE FESTA ユースフットサル選抜トーナメント」の運営を無事に終えることができました。なかなかお会いする機会のなかった北海道や東海の皆さんとも会場でお会いできて感激でした。
大会では、初日初戦のウォーミングアップで愛知選抜の物部呂敏選手が負傷し病院へ。物部選手は神戸での優勝や、長野での活躍と苦杯(決勝でフウガに敗退)を見てきて、世代の日本代表にも選ばれ、主将として臨むこの大会でもその姿を見られることを楽しみにしていただけに、ほんとうに残念でした。
地元の兵庫が1次リーグを1位突破し、前評判の高かった東京が圧倒的な力を見せて決勝に進み、すべての試合に感激させられました。そして決勝では、スタンドで物部くんが見守るなか、愛知が東京に勝利し優勝。若者たちの作り出すドラマに驚かされました。
また、来年からスタートする兵庫県女子U-18フットサルプレリーグにむけて立上げた兵庫県女子U-18選抜と、昨年のフットサルフェスタU-15ガールズ優勝のパスドゥーロのエキシビションも会場を盛り上げてくれました。ただ、試合では果敢なセーブでチームを救い続けたGKが指を骨折してしまいました。
二人の選手が貴重なプレー機会を失ってしまうことを申し訳なく思います。そして、このケガを乗り越えて成長していく二人を応援し続けたいと思います。
http://www.u18futsal.jp/

固定リンク | コメント (1)


4つのリレーマラソン

2023/03/07(火)

芦屋、長居、神戸、豊中と、今シーズンは4つのリレーマラソンを無事に終えることができました。

歴代最高記録や、最高参加者数など、記録にも記憶にも残る大会続きでしたが、昨日は、初めて伴走者を必要とする障がい者の皆さんにも参加いただくことができて、仲間と走るよろこびを全身で表現する皆さんの姿に感激させられました。

リレーマラソンに取り組んで11年目となり、コロナの影響からも立ち直り、いろいろな面で、しっかりと継続していかなければ、と思いを新たにしています。

とよなかシティリレーマラソン

芦屋ユナイテッドリレーマラソン

神戸ユニバーリレーマラソン

リレーマラソンin長居

固定リンク | コメント (0)


PK戦

2022/12/07(水)

フットサルフェスタU-12決勝はPK戦でした。

本田さんと同じく「見てられへん」という思いで見届けましたが、最後に外した選手のことが気になって仕方ありませんでした。彼は今朝のクロアチア戦を見て、何を感じたのか。辛い思いは消えないでしょうが、それが彼らの糧になって、新しい景色を見れる国になっていければと思います。

 

318479404_5833694430012000_6429075845135

固定リンク | コメント (0)


決勝トーナメントのこと

2022/12/01(木)
4年ごとに同じ話で、あきれられているのは承知のうえで、やはり「決勝トーナメント」という言葉が気になります。JFAではノックアウト方式のことをトーナメントとは表記しなくなって久しく、かつての予選リーグ/決勝トーナメントは、グループステージ/ノックアウトステージと表記されていますが、今回の大会で、さらに「決勝トーナメント」という言葉が定着してしまいますね。
「トーナメントは日本語や、というのであれば、決勝Tやなくて、決勝トと書かないかんな」(賀川さん談)

固定リンク | コメント (0)


フットサルフェスタ募集開始&スポンサー募集中

2022/09/09(金)
フットサルフェスタの募集を開始しました。一昨年はコロナのために中止となり、今年で25回目の開催です。
昨年は、開催ありがとう、という声や、選手、チームの姿に触れて、「なんとか続けなければ」という思いを強くした一方で、タイトルスポンサーなしで華やかさに欠ける大会となってしまったことは大変残念でした。力及ばず、今年も冠なしですが、選手の皆さんの輝ける舞台となるよう、関係者の皆さまと大会を盛り上げていきたいと思います。
ちなみに、スポンサーは引き続き募集中です。
Facebook_cover_2022

固定リンク | コメント (0)


2つのインタビュー

2022/08/22(月)

ARFICACHALLENGEや、英語×スポーツ教室などで連携しているCHEZAさんから
エクアドルからの留学生が、
震災後のコミュニティにおけるスポーツ
についてインタビューを希望している
とのことで、断る理由もなく、インタビューを受けました。

インドの留学生と、甲南大の学生も同席し、久々の英語で緊張しながらのインタビューでしたが、自分がやってきたことを再確認する貴重な機会となりました。

話をしながら、震災の朝のことを思い出し、震災後に会社を立ち上げ、NPOの役員になってスポーツや神戸・芦屋の街にかかわってきたことを改めて整理していくことになりました。

すると、その翌日に横浜の高校生からメールが届きました。
メールには
震災復興とスポーツコミュニティの関わりについての研究をしています
と記され、インタビュー希望とのこと。

あまりの偶然に驚かされると同時に、世界のさまざまな地域で学生がそんなテーマに取り組んでくれていることに感激させられました。そして、自分自身は賀川浩さんの言葉を残すために起業したけども、自分も語る側にいるのだということを実感することになりました。

どちらのインタビューも語りすぎて、最後に言いたかったことがきちんと言えなかったのですが、やはり行きつくところは、スポーツは「非日常」で、「遊び」で、「いろどり」であることでした。

これまでも同様のテーマで何度か書いていますが、いつか
なんでスポーツなのか?
を、さらに突き詰めてみたいと考えさせられる2つのインタビューでした。


ラ・ラ・ランド
http://honda.footballjapan.jp/2020/05/post-42e72a.html
新庄の言葉
http://honda.footballjapan.jp/2020/05/post-8a4484.html

299643034_5510740708987917_5789130222869

固定リンク | コメント (0)


サン・ルイス・レイの橋

2022/03/31(木)

中高で英語の先生だったフリン先生が話してくれた物語が、なぜか記憶に残っていました。
ある事故で亡くった人たちの生きざまをたどっていくと、立派な人も、悪人も、そのタイミングで亡くなってよかったのです、というような話だったと記憶していて、父や友人が亡くなるたびに「今でよかったんだ」と思ってきました。
先日、ブルータスの村上春樹特集の「手放せない51冊の本について」のなかで「サン・ルイス・レイの橋」というのを発見し、「あ!これや!」と思って検索してみると、岩波文庫の古本は7000円以上のところ、映画化作品のDVDはずっと安価だったので、こちらを購入。おそらく、フリン先生が語ってくれた物語に違いないのですが、ロバート・デ・ニーロ、ハーヴィー・カイテル、キャシー・ベイツらの豪華キャストによる映画の出来栄えはイマイチな感じで、あまりダイレクトにメッセージが伝わってくるものではありませんでした。自分の記憶が映画が発信しようとしているメッセージと同じなのか(たぶん違う)、フリン先生は作品から何を読み取ったのか、あいまいなままなのですが、自分自身の価値観(死生観?)を改めて確認する機会になりました。

 

277720557_5126371164091542_6946308994911

277763420_5126471800748145_1463122270834

固定リンク | コメント (0)


56

2021/06/23(水)

56歳になりました。
この歳になって、いろいろ衰えを感じながらも、本質的にはかわってないな、と思っていますが、この1年で世界は大きくかわりました。
誕生日に関係ない、どうでもいい話ですが、euro2020を見ていて実感する変化
1)これまで差別やテロなど対して強いメッセージを発してきたU2のボノが歌うeuroのテーマソング

ぼくたちは、なりたかったぼくたちになった

と「変えよう」ではなく「変わった」に変わった
2)選手同士のいがみ合いがなくなった。ただ、足の裏を見せるプレー、足を踏みつけるプレーは多くなったように感じる。
3)いくつかのスタジアムでは、マスクをしないサポーターで満席になっている。日本ももう少し早くワクチン接種が進んでいれば、オリパラにももっと前向きに向き合えただろうし、何よりいくつもの命が救われていただろうと思うと、ほんとうに残念。
欧州の実績を関係者の皆さんは学び、対応し、さらに日本ならではの工夫をしているでしょうから、それをしっかりと国民に示して、納得して大会を迎えることができるようにと祈ります。
https://www.youtube.com/watch?v=kGT73GcwhCU

固定リンク | コメント (0)


オリンピック

2021/05/14(金)

サロン2002では、毎月開催してきた「月例会」の見直しを行っており、昨年からはコロナの影響もありオンラインでの開催、参加無料で実施。さらに名称についてもさまざまな意見交換の結果、「月例サロン」とすることになりました。

そんなタイミングで昨日は「どうなる、東京オリンピック・パラリンピック?―2020~21のスポーツイベントの実施状況から考える―」というテーマで開催。医師から高校生、さらには組織委員会のメンバーまで参加して意見交換が行われました。

森さんの言動以来、一気にオリンピック反対に世論も傾き、ネガティブな発信が多くなった感がありますが、むやみに開催賛成/反対ということではなく、他の国際スポーツ大会の状況や、オリンピック憲章などにも触れながら、非常に充実した内容でした。

政治的な駆け引きにオリンピックが利用され、それをマスコミが発信することが反対論をさらに助長しているように感じますが、オリンピック憲章にはこのように記載されています。

「オリンピズムの目標は、あらゆる場でスポーツを人間の調和のとれた発育に役立てることにある。またその目的は、人間の尊厳を保つことに重きを置く平和な社会の確立を奨励することにある。」
https://www.joc.or.jp/olympism/charter/konpon_gensoku.html

今一度、オリンピックとは何なのかを考える貴重な機会でした。

固定リンク | コメント (0)


グリーンアリーナ神戸カップフットサルフェスティバル

2021/04/30(金)

グリーンアリーナ神戸カップフットサルフェスティバルの募集を開始しました。

ホンダカップでU-18女子、U-12女子などの新しいカテゴリーを開設し、出場してくれたチームにさらにプレーの場を提供しようとはじめた大会も、今年で7年目になりました。

今年は緊急事態宣言のなか、それも大会まで1か月少々というタイミングでの募集開始です。
昨年から、コロナ禍のなかでいろいろな大会を行ってきましたが、今回も同じく、

開催できるのか、開催してもいいのか、多くの人の納得は得られるのか

と自問と議論を繰り返した結果の募集開始となりました。

JFAなどがしっかりとしたガイドラインを作成してくれているほか、これまで積み重ねてきたwithコロナの大会の開催経験もあります。万全の対策のもと、安全な大会を開催したいと思います。

グリーンアリーナ神戸カップフットサルフェスティバル

 

 Ogp7

固定リンク | コメント (0)


«アーネスト・ボーグナイン